写真

2018年製 ターニーものさし

2018年のHCJにて配布。
ステンレスの質感や雰囲気、職人の技術を最大限に活かしたものさし。特別な方に特別な想いを込めて贈った限定100個しかない至極の逸品。

写真

2018年製 ターニーぬいぐるみ

2018年に作成。
ターニーがあなたのもとに現れる!?高さ30cmのターニーぬいぐるみ。「Tarny Bakery Cafe」にて絶賛販売中。数に限りがございますので、お求めの方はお早めに!

写真

2018年製 シール

HCJ2018から配布。
今までのシールから一新。使用イラストを大幅に変更し、新たなデザインとなった。ターニーシールは新たな領域に足を踏み入れた。

写真

2018年製 不織布バッグ

HCJ2018から配布。
2018年は「ブルー×スカイブルー」「クリーム×ピンク」「ブラウン×クリーム」の3色。持ち手の色が明るくなることで、ワンポイントがお洒落なバッグとなった。

写真

2018年製 ラウンドコンテナ

HCJ2018から配布。
とってもかわいいデザインで、食材を保存するターニーのラウンドコンテナ。蓋を開ければ、冷蔵庫から出してそのまま、電子レンジで温めが可能です。

写真

2018年製 缶バッジ

HCJ2018から配布。
2018年の缶バッジは、上を見上げたターニーが登場。今にも手を振ってきそうなその姿に、持っているだけで思わず頬が緩む缶バッジとなっている。

写真

Tarny Bakery Cafe限定 缶バッジ

2017年の11月から配布。
Tarny Bakery Cafeがオープンしたときに配布され、店舗のネオンと同じイラストを使用した特別なデザインとなっている。この世に数百個しかないとても希少な缶バッジ。

写真

2017年製 シール

2017年のHCJ、MOBAC SHOWから配布。
2015年のものから3つのターニーが入れ替わりした。展示会場で配布したところ、このシールを使って漫画を作ってくれた人がいたという。

写真

2017年製 ピンバッジ

2017年のHCJから配布。
金、銀と続いたピンバッジ。2017年のカラーは黒。金と銀、そして黒を集めると、願いが叶うというウワサも…!?

写真

2017年製 不織布バッグ

2017年のMOBAC SHOWから配布。
2017年は「抹茶×チョコ」「クリーム×ワインレッド」「グレー×ネイビー」。一新されたデザインは、女性からビジネスマンまで、様々な方が日常で使用することが可能。

写真

2017年製 缶バッジ

2017年のHCJ、MOBAC SHOWから配布。
2017年のカンバッジは、コテを持ったターニーが得意の決めポーズ!もし、ターニーを見かけたときには、同じポーズで撮るとターニーが喜んで抱きついてくれるかも?

写真

2017年製 シリコンマット

2017年のHCJ、MOBAC SHOWから配布。
シリコン製でキッチン用品に優しくフィットする鍋敷き。鍋敷きの他にも「鍋つかみ」「瓶の蓋空け」などとしてもご使用いただけるため、シンプルで多機能な鍋敷きです。

写真

ペーパークラフトターニー

ターニーが手のひらサイズで現れる!?
印刷、切る、折るの3段階で、わずか10cmのクラフトターニーが作れます。画像をクリックしてダウンロードしてね!
提供:杉山工業(株)営業部 貿易課 相場様

写真

2016年製 マドラー

2016年のHCJにて配布。
タニコーの自社工場で製作したターニーの形をしたマドラー。特別な方に特別な想いを込めて贈った限定100個しかない至極の逸品。

写真

2016年製 名刺

2016年の第4回カフェ喫茶ショーにて配布。
展示会で名刺交換しているのを見て、ターニーも欲しくなり作成した名刺。同時期にWEBも開設されたため、ターニーにとっては思い出の品。

写真

2016年製 マフラータオル

2016年のHCJから配布。
ターニーが「汗を拭くためにタオルを作ってほしい」と依頼してきた。普通のタオルではターニーの首に巻けないため、悩みぬいた結果、長さのあるマフラータオルを作成した。

写真

2016年製 缶バッジ

2016年のHCJから配布。
2016年の缶バッジは、お皿を洗う形にリニューアル。 2016年からターニー本人が展示会場に来ることもあったため、欲しいという方が多かった。

写真

2016年製 ピンバッジ

2016年のHCJから配布。
銀の縁が、ステンレスを彷彿させる2016年製ピンバッジ。昨年よりも馴染める色に見えるため、スーツにつけていても不自然ではなく、スタイリッシュに見える。

写真

2016年製 不織布バッグ

2016年のHCJから配布。
不織布バッグに新色が登場。かぼちゃカラーをイメージし、ターニーの絵も、お皿を洗うものになった。

写真

2015年製 ピンバッジ

2015年の西日本食品産業創造展から配布。
その後、社員のピンバッジとして使用されるように。金色の縁が高級感漂い、その形に様々な人が魅了されたという。

写真

2015年製 缶バッジ

HCJ2015から配布。
ターニー初の製品化。国内生産+驚愕の超解像度印刷により、品質の高いバッジを作成。

写真

2015年製 不織布バッグ

2015年のHCJから配布。
ノベルティとしては完成度の高いバッグ。PVC加工を施しているため、雨風に強く、天気の悪い日のエコバッグとしても最適。

写真

2015年製 シール

2015年のHCJから配布。
様々な可愛いポーズのターニーがいるため電話機に張っていた社員もいたという。


写真

2015年製 スポンジワイプ

2015年のHCJ、MOBAC SHOWから配布。
ドイツ生まれの、スウェーデンでプリントされたワールドワイドなエコふきん。セルロース、コットンを100%使用し、バクテリアの繁殖も防ぐ超高級品。